[CHANGE TV interview] 健康な腸と幸せな脳 2: へそヒーリング考案者、一指李承憲学長のインタビュー

 

一指李承憲(イルチ イ・スンホン)

 グローバルサイバー大学学長

 へそヒーリング考案者

 

へそヒーリングが現代人に与える恵みとは?

 

へそヒーリングは、外部環境に左右されず時間もお金もかかりません。

関心を持って取り組みさえすればとても重要な免疫力、これが下がると

病気にかかりやすくなりますが免疫力は自分で高められます。

それによって感情コントロールもでき

そんな状態になると自分の可能性にへそヒーリングによって気づけます。

 

自分の価値を見いだし、それを活用するということの意味これだけでも

健康で幸せで平和に生きられますが多くの人が健康を人任せにしています。

病院に頼ったり、医者を頼りにしています。

もちろんそれも必要です。

頼るべきときは頼らなければなりませんが自分でしないといけない部分があります。

 

もう一つ大事なことは、健康の問題は自分一人で解決できるものではありません。

社会的な問題や環境などの多くの問題が結局は、

人間の意識からきているので人間の意識が病むことによって社会環境も病んでいったのです。

だから、人間の意識が健康になれば会環境も変えられます。

へそヒーリングで自分がすべき役割ができ、周りの環境も変えられます。

それが結局、人の心によって決まることだから、人間の意識を変化させられる

という意味においても価値があると見ています。

 

へそヒーリングが感情の健康にどう役立ちますか?

 

人は感情の中で生きています。

感情から自由になる、例えば感情開放などの技術が必要だと思います。

これは知識でできることではなく考えでできることでもありません。

感情をコントロールできる力はブレインパワーにあると見ています。

ブレインパワーはどうすれば得られるでしょうか?

 

様々な瞑想法や呼吸法などもありますが最も簡単な方法は何か考えてみました。

時間がかかれば難しくなります。

また、方法を習うのが難しくても困ります。

それで、短時間で簡単に体得できる方法を35年間研究してきて、その答えがへそにあると分かりました。

へそから刺激を与えると、腸にも影響を与え温にも変化があり、

脳波にも影響があって感情をコントロールできるブレインパワーを育てられるのです。

 

そんなパワーが得られると、私たちは感情を活用できる意識を持つようになり

それが個人だけに影響があるのではなく健康の意識レベルを超えて、

1人の人間が持つ意識の領域の最高レベルに到達できます。

 

だから人間の意識の変化に、今後、人類の問題を解決するカギがあるのではないかと思います。

それを私は地球市民意識と呼んでいます。

そして、人間の意識が感情から感性へ、感性から人間性へ人間性から神性の領域へと進むことが

人間が高めるべき価値ではないかと思います。

 

感情コントロールは、環境のコントロール、幸せのコントロールでもあり、

人類の持続可能な平和にも関係があります。

人間がずっと成功に執着して終わりなき競争の中にいれば、

産業社会、物質文明時代の現在私たちが経験している様々な社会病理現象は現れてしかるべき必然です。

 

そう考えると、感情コントロールは、

人々の幸せだけでなく、すべての生命世界における平和のためにも必要なものではないかと思います。

ところが、これが難しいことではなく、へそに関心を持っていると、

その答えが見えてくるのではないか、と。

だから、こんな機会があるときに、私たちがさらに研究し

多くの人々がこの分野に関心を持つことによって新たな道を提示できるのではないかと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。