第3回グローバルメンタルヘルスセミナー 青少年スピーチ発表 松本彩人君

 

9月10〜11日、大阪と東京で第3回グローバルメンタルヘルスセミナーが行われました。
10日は大阪大学のコンベンションセンターにて、11日は東京大学の弥生講堂で行われたセミナーに2日間で約600人が参加しました。

第2部は「青少年のメンタルヘルスケアと脳教育」をテーマに行われました。
日本ベンジャミン人間性英才学校の品川玲子校長は「脳教育で青少年に夢と希望を」というテーマで講演し、ベンジャミン学校を紹介しました。

続いてスピーチでは、日本ベンジャミン学校1期生5人と韓国ベンジャミン学校3期生2人が壇上に上がり、ベンジャミン学校に入学したきっかけと入学後の変化、今後叶えたい夢などを発表しました。
参加者は、生徒たちの発表に励ましの大きな拍手を送りました。

♦ 松本彩人君(日本ベンジャミン学校1期生)
「私が思う人間性回復について」
シャイで人と話したり、目立ったりするのが苦手だった私は、ベンジャミン学校に入学した後、私の中に眠っていた本当の自分の姿、子供の頃のような明るく積極的な姿に戻ることができました。これが人間性回復だと思います。私もポジティブなエネルギーを周囲に送りたいと思います。

IBREAJAPAN
http://ibreajapan.org/

日本ベンジャミン人間性英才学校
http://benjaminschool.org/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。