第1回地球市民ピースフェスティバル : ニュージーランド ファーノース地区のターニャ・マクイネス副市長よりご祝辞

 

ニュージーランドのケリケリで1月27~28日、

世界の平和のための「第1回地球市民ピースフェスティバル」と

「脳、地球市民、私たちの未来」をテーマにしたシンポジウムが開催され、

10カ国以上から約1,000人が参加しました。

 

この行事は、持続可能な地球の未来のために、

国家、民族、人種、宗教、思想、理念などの対立や葛藤を解消し、

地球村に生きている皆があらゆることを超越して同じ地球市民として一緒に生きていくべきだと

伝えるために企画されました。

 

ECO(Earth Citizens Organization)とIBREA(International Brain Education Association)が共同主催し、

Earth Citizens Organization NZが主管した今回の行事は、

ニュージーランドはもとより、アメリカ、日本、韓国、イギリス、中国、カナダ、イスラエル、

ポーランド、ベルギー、クウェートなど、10カ国以上から参加しました。

 

ターニャ・マクイネス副市長は「平和に満ちたオープニングフェスティバルをはじめ、

驚くような国際的な行事に出席できたことに感謝します。

これまでの生き方では、地球がこれ以上耐えられない」とし、

「地球市民運動でニュージーランドと世界が平和に向かって踏み出すことを願っています」と

祝辞を述べました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。