第3回グローバルメンタルヘルスセミナー 青少年スピーチ発表 小林セナさん

 

9月10〜11日、大阪と東京で第3回グローバルメンタルヘルスセミナーが行われました。

10日は大阪大学のコンベンションセンターにて、11日は東京大学の弥生講堂で行われたセミナーに

2日間で約600人が参加しました。

 

第2部は「青少年のメンタルヘルスケアと脳教育」をテーマに行われました。

日本ベンジャミン人間性英才学校の品川玲子校長は「脳教育で青少年に夢と希望を」というテーマで講演し、

ベンジャミン学校を紹介しました。

 

続いてスピーチでは、日本ベンジャミン学校1期生5人と韓国ベンジャミン学校3期生2人が壇上に上がり、

ベンジャミン学校に入学したきっかけと入学後の変化、今後叶えたい夢などを発表しました。

参加者は、生徒たちの発表に励ましの大きな拍手を送りました。

 

♦ 小林セナさん(日本ベンジャミン学校1期生)

「選択すれば、成し遂げられる」

「他人から認められたい」「愛されたい」という願望がとても強かったのですが、

脳教育によって自分をありのまま受け入れて、眺められるようになり、自分で選択して調節する力がつきました。

今は、人のために何かしたいと思えるようになり、ボランティアに興味を持つようになりました。

 

IBREAJAPAN
http://ibreajapan.org/

日本ベンジャミン人間性英才学校
http://benjaminschool.org/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします