第3回グローバルメンタルヘルスセミナー 青少年スピーチ発表 小林奈津希さん

 

9月10〜11日、大阪と東京で第3回グローバルメンタルヘルスセミナーが行われました。
10日は大阪大学のコンベンションセンターにて、11日は東京大学の弥生講堂で行われたセミナーに2日間で約600人が参加しました。

第2部は「青少年のメンタルヘルスケアと脳教育」をテーマに行われました。
日本ベンジャミン人間性英才学校の品川玲子校長は「脳教育で青少年に夢と希望を」というテーマで講演し、ベンジャミン学校を紹介しました。

続いてスピーチでは、日本ベンジャミン学校1期生5人と韓国ベンジャミン学校3期生2人が壇上に上がり、ベンジャミン学校に入学したきっかけと入学後の変化、今後叶えたい夢などを発表しました。
参加者は、生徒たちの発表に励ましの大きな拍手を送りました。

♦ 小林奈津希さん(日本ベンジャミン学校1期生)
「私と脳教育」
高校卒業後、大学進学を控えていたとき、ベンジャミン学校に出会いました。将来に不安と恐怖を抱いていましたが、ベンジャミン学校入学後、体が元気になって、自己表現力も高まりました。
私の目標は、来年までに祖父母の家の空間をデザインするプロジェクトをこなすことです。

IBREAJAPAN
http://ibreajapan.org/

日本ベンジャミン人間性英才学校
http://benjaminschool.org/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。